品質について

バッグ

バックの洗浄からカラーリングの工程を紹介します【12,000円(税抜)の洗浄・カラーリングコース】。

STEP.1

011洗浄前の状態です。繊維部分の表側、裏側の汚れとシミが目立ちます。また皮革部分のキズ、色落ちも目立ちます。

STEP.2

012最初に、クレンジング剤で皮革部分の油性系汚れを丁寧に拭き取ります。その後、水溶性汚れも取り除きます。

STEP.3

013皮革部分をマスキング後、繊維部分を特殊洗剤で、丁寧に時間をかけて洗浄します。

STEP.4

014洗浄工程で取り除けない汚れやシミは、最新のしみ抜き機を使用して取り除きます。

STEP.5

015自然乾燥後、皮革部分と同じ色を調合してカラーリングします。白の細かいステッチがあるため、細い筆でステッチを避けながらカラーリングしていきます。

STEP.6

016繊維部分の柄が、スレや日焼けで薄くなっているため、復元させる特殊剤をスプレーガンで吹きます。

STEP.7

017革クリームで、皮革部分を磨き上げて完成です。繊維部分の表側と裏側の汚れ、皮革部分のキズも無くなり、新品並みの仕上がりです。

 

革靴の洗浄からカラーリングの工程をご紹介します【4,500円(税抜)のカラーリングコース】。

STEP.1

q001洗浄前の状態です。全体的に汚れており、先端は履きシワ、つま先は色剥がれが目立ちます。

STEP.2

q002内側のホコリを取り除いた後、クレンジング剤で丁寧に全体の油性系汚れを取り除きます。

STEP.3

q003皮革組織を壊さない特殊洗剤、及びオゾン水で丁寧に丸洗いします(オゾン水は殺菌・消臭効果があります)。同時に洗浄によって失われる皮革の潤いを戻します。

STEP.4

q004洗浄後、濡れている状態でシューキーパー等で本来の形に成型します。この工程で崩れた形を元通りにすることができます。

STEP.5

q005殺菌・消臭効果のあるオゾン乾燥機で適切な温度、時間で乾燥します。皮革種類によって温度・時間が異なります。

STEP.6

q006表面に浮き出た汚れを再度取り除いた後、お客様の要求通りの色を調合し、ハケ、スプレーガンを使い全体をカラーリングします。

STEP.7

q007皮革用クリームにて全体を磨き上げ、完成です。ほぼ新品並みの仕上がりです。更に撥水加工を施すと、水汚れに強くなり、きれいな状態を長時間保たせることができます【※撥水オプション 500円(税抜)】。